岡嶋彩
岡嶋彩

『ユニセフ創立記念日』

皆様こんばんは!

 

2018年度ミス・ユニバースジャパン

埼玉大会 ファイナリストの

岡嶋彩(おかじま あや)です。

 

 

本日12月11日は

世界の子どもたちのための国連機関である

ユニセフ創立記念日』です。

 

 

1946年(昭和21年)の今日、

ユニセフ(国連連合児童基金) の前身である

国連国際児童緊急基金(略称:UNICEF) が

創立されました。

 

1953年(昭和28年) に改組され、

現在の名称・国連児童基金になりましたが

UNICEF(ユニセフ) という略称は

既に一般に普及しているということで

そのまま継続して

使用することにしたそうです。

 

また、ユニセフは1965年(昭和40年) に

“ノーベル平和賞” を受賞し、

先進国における募金・広報

アドボカシー活動(※1) のため

世界の34の国と

地域にあるユニセフ協会(国内委員会) と

協力協定を結んでおります。

 

※1 … 一人ひとりが問題について知り、

その原因について声をあげ、

解決のためにできることを

訴えていくことを

“アドボカシー” といいます。

 

この働きにより政策を変え

不公正な社会を変えていきます。

(World visionより)

 

 

日本ユニセフ協会』もそのひとつ。

 

ユニセフは現在7つの分野である

・保健

・HIV.エイズ

・水と衛生

・栄養

・教育

・子どもの保護

・社会へのインクルージョン活動(※2)

を中心に活動をしております。

 

※2 … 誰もが受け入れられる社会を

“インクルージョン” といい、

ユニセフが社会・経済政策に関して行う

提言であります。

 

民族やジェンダー、障がい、

その他様々な要因で起こる

個人への差別に対処するだけではなく、

構造的な差別をなくすために

取り組んでいる活動です。

 

 

さらに、災害・紛争が起きた地域への

緊急・人道支援、女子教育の推進を含む

ジェンダーの平等にも取り組んでおり、

様々な活動を組み合わせることで

子どもたちの命と未来を

守ろうとしております。

 

 

ボランティア等で

子どもたちに接する機会がある私は

全ての子どもたちの

純粋で屈託のない笑顔が

消えることのない世界になるよう

まずは身近で、

学生の私にできることから

少しずつ活動してまいります!

 

 

本日も最後までご覧下さり

ありがとうございました◡̈*.

 

また明日のブログでお会いしましょう**

 

 

【SNS】

*instagram @_ayasgram_

*twitter @muj_aya

*facebook @mujp.aya

*showroom @ayaroom0219

*non-no official blog @ayaokajima

 

☆—————————————————————

2018年度ミス・ユニバースジャパン

埼玉大会 ファイナリスト

岡嶋 彩(おかじま あや)

—————————————————————☆

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。