黒須千智
黒須千智

【なぜ、ニキビができるのか?】

 

皆さまこんにちは。

ミスユニバース埼玉ファイナリストの黒須千智です。

 

先週から、世間一般はお盆でしたね!

皆さまは、里帰りできましたでしょうか?

 

私は、飲食店勤務ですので、お盆は稼ぎ時。週休一日で働いておりました。

 

実は、社会人になってから不規則な生活が続いており、今週は7連勤、来週には9連勤が控えているという状況です。

その影響なのでしょうか? とうとう顔に2つのニキビが出来てしまいました。

 

表紙の写真では分かりにくいのですが、額と鼻の横に一つずつニキビが隠れております。

私は、「正しい食」の知識をつけてからは殆どニキビができたことがありませんでした。ごくまれに、ホルモンバランスの乱れによるニキビが出来るくらいです。

 

そのホルモンバランスによるニキビも、最近は、私たちの活動を日ごろから支えて下さっている【モリンダ様】からいただいた、「タヒチアンノニジュース」を飲むことで改善されていたのですが、毎日飲んでいるノニジュースが効かない程、私の身体は疲れているようです。

 

人に見られる仕事をしている以上、ニキビをこのままにはしていられない!そう思って読み始めたのがこちらの本。自然治療医であるMakoto Trotterさんによって書かれた「The Complete Acne Health and Diet Guide」。

 

 

実は、留学生の頃に一度読んだことのある本なのですが、記憶とは怖いものですね!半分以上の内容がうる覚えの状態になってしまっています。

 

 

身体の内側から本気でニキビを治したいので、本日からこちらの本を読み返し、ニキビの改善に努めて参ります。また、少しずつではありますが、本の中で得た情報をブログにてご紹介させていただきます。

 

本日は早速、「Why Do I Have Acne?」の章より、「なぜ、ニキビが出来るのか?」について私が学んだことをご紹介させていただきます。

 

【なぜ、ニキビができるのか?】

 

皆さまは、なぜニキビが出来てしまうと思いますか?

 

疲れているからでしょうか?

睡眠不足だからでしょうか?

ストレスが溜まっているからでしょうか?

 

実はニキビが出来てしまうのには、ストレスとは別に4つの要因があるのです。

 

ストレスは確かにニキビを増やす大きな要因の一つなのですが、「ストレスとニキビ」については一つの章として詳しくふれたいので、ここではストレスとは別の4つの要因について説明させていただきます。

 

その4つの要因とは、①遺伝、②ホルモンバランスの乱れ、③栄養素の欠如、④衛生面の問題です。

 

では、これら4つの要因について順番に見ていきましょう。

 

 

①    ニキビと遺伝
最新の研究においても、「ニキビ遺伝子」という特定されたものはまだ見つかっていないのが現状ですが、ニキビが出来やすい人は、出来にくい人に比べて、何らかの遺伝的要素を持っていると言われています。それは、ホルモンバランスと密接な関係を持ち、ホルモンバランスを壊しやすくさせる遺伝子があるのではないかという仮説が立てられています。
②    ニキビとホルモンバランス
思春期になるとなぜかニキビができ始めてしまいますよね!

これは、ホルモンバランスの変化によるものなのです。思春期になると、身体が子供から大人に変わっていきます。その過程でテストステロンとエストロゲンというホルモンが急上昇します。これらホルモンは皮脂腺と呼ばれる毛穴の奥にある腺から、「セバム」と呼ばれる皮脂の生成を促します。もともと「セバム」は皮膚や毛髪の表面の保護や、保湿の働きをしているのですが、過剰な生成は皮膚表面の角質のターンオーバーを次の細胞の生成が間に合わない程の速さで進めてしまいます。肌のターンオーバーのリズムを壊してしまうのと同時に皮脂の過剰生成が毛穴を詰まらせます。この毛穴が詰まった状態は、ニキビと関係性の深いバクテリアの隠れ場所を皮膚の中に作ってしまうのです。

また、思春期に限らず、女性は生理周期によるホルモンバランスの変化によって皮脂の過剰生成が毛穴を詰まらせます。これにより、ニキビ菌が皮膚の中に潜在してしまうのです。

③    ニキビと栄養素の欠如
私たちの身体の代謝には、ビタミンやミネラルのような微量栄養素が関わっています。少量でも、これらの栄養素が一つでも不足しているのと、していないのでは代謝の効率が全く変わってきます。その理由は、ビタミン、ミネラルのような栄養素は、私たちの身体の機能に数えきれない程の貢献をしている「エンザイム」と呼ばれる物質の働きに影響を与えているからです。エンザイムには、細胞の修復や生成を促したり、免疫反応をコントロールしたり、ホルモンを生成したり、分解したりする機能があります。もし、身体の中で微量栄養素が欠如しているとしたら、前文で述べたようなエンザイムの機能にも歯止めがかかってしまいます。身体の中で起こるこれらの異常が表に出てきてしまったものが、ニキビであるとされています。
④    ニキビと衛生面の問題
表皮についているバクテリアをコントロールしニキビが出来ないようにするためには、皮膚の適切な衛生状態も重要です。スキンケアはニキビが出来なくするための治療でも解決策でもないですが、表皮についているバクテリアをコントロールするためには必要です。定期的に古い必要のなくなった角質細胞を、ピーリングで落としてあげることは皮膚の衛生状態を保つ上で大切です。

 

 

皆さま、ニキビができる4つの要因が何であるのか知っていただけましたでしょうか?

ニキビを根本的に治すためには、原因が何であるのかを知ることはとても大切です。

 

私の場合は、不規則な生活に続いて、飲食店のキッチンで汗だくになりながら働いているので、過剰に皮脂が生成される上に、メイクで毛穴を塞いでしまっていたのかもしれません。それが原因でニキビが出来てしまっていたのかも…。

 

これからは、肌に何も塗らず出勤し、仕事中定期的に顔を洗おうかと思います。

ニキビの治療は原因の改善あるのみですね!

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

次回のブログでは、これら要因の具体的な解決方法について「食事療法」をメインに書かせていただきます。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

黒須千智

 

 

-参考文献-

  • The Complete Acne Health and Diet Guide by Makoto Trotter

 

 

-ミスユニバース埼玉リンク集-

 

Facebook:https://www.facebook.com/MUJ.Saitama/

 

Instagram: http://www.instagram.com/muj_saitama/

 

 

―筆者プロフィール―

2013年からアメリカの4年生大学にて栄養学を学び、「食を通して人を幸せにする」ことをモットーに食学の発展に力を入れる。食に関して人一倍の愛があり、これまでに読んだ食と健康に関する本や論文の数は100を超える。

 

◆略歴

1991年、埼玉県さいたま市に生まれ。

サウスイーストミズーリ州立大学卒業、人間環境学学士、管理栄養士科。

米国食品衛生管理者資格取得。米国栄養士免許取得見込み。

NPO法人オーガニック協会、翻訳ボランティア。国際食学協会会

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。