黒須千智
黒須千智

【一歩踏み出すこと】

皆様こんにちは。

ミスユニバース埼玉ファイナリストの黒須千智と申します。

 

早いもので、大会が終わってからもうすぐ3週間になります。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

私は、自分の目標に向かって一日一日を大切に過ごしております♪

 

ここで皆様にお知らせがございます。実は、ミスユニバース埼玉では既に2018年度の候補生を募集しております!!!

 

来年の大会は12月ですから、応募はまだ早いと思う方もいらっしゃるかとは思いますが、早く応募することに決して損はありません!むしろ、早い段階での応募は他の候補生よりも一歩リードできますよ♪

 

私は、大会の1ヶ月前から候補生として正式に活動を始め、バタバタで大会まで来てしまった一人です。体作りもろくに出来ず、ブログランキングもそこそこで大会当日を迎え、グランプリ、準グランプリは獲ることができず、TOP7という悔しい結果に終わりました。もう少し早い段階で応募していたら、もう少し結果が伸ばせてのかなぁ!?なんて悔やんでいる大会後の自分がおりました。

 

今は、自分の結果を受け止め、ファイナリストとして楽しく活動させていただいておりますので、全く後悔も何もないのですが、やはり今後の候補生には私のような形での悔しい思いはしてほしくないというのが本音です。

 

応募するのなら、先延ばしにするのではなく今です!応募をためらっているのなら、応募してから見えてくること、考える時間も沢山ありますよ!

 

私自身、5年前にミスユニバース代表の板井麻衣子さんの「一歩踏み出すこと」という講演会を聴き、栄養学の大切さを知りました。そして、将来は当時のミスユニバース公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんのように、「食を通して人を幸せ出来る人になりたい!」と思い、アメリカで3年間栄養学を学び、ミスユニバース埼玉大会へ応募するに至りました。

モデルの経験もウォーキングも全くもって縁の無い私でしたが、未知の世界に飛び込んでみてここまで来ることが出来ました。

 

来年からは、2018年度のファイナリストの方々に栄養指導をする機会もいただくことが出来ました。私は、今回の挑戦を通して自分の夢に一歩近づくことが出来ております!

 

また、ファイナリストになれたからといって、大会が終わったからといって、各々の挑戦はそこで終わるわけではないのですよ!

 

ファイナリスト一人一人が各々の輝ける場で、夢に向かって飛び立つためには「仲間」の存在も必要不可欠です。大会後には、今までライバルとして切磋琢磨してきた仲間が「真の仲間」となって将来を支える強い味方と自分自身がなり、また周りの方々がなってくれます。

 

まず、一歩踏み出してミスユニバース埼玉大会に挑戦してみて下さい。そして、その中で一生懸命になって、将来につながる何かを見つけて下さい。

 

皆様の挑戦を心から応援しております♪

黒須千智

 

【ミスユニバース埼玉大会への応募はこちらから】

https://muj-saitama.jp/entry

 

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。