黒須千智
黒須千智

【私がグランプリを獲ることに執着しなかった理由とその後】  

 

皆さまこんにちは。

ミスユニバース埼玉2017年度ファイナリストであり、

公認トレーナーとして2018年度ファイナリストの栄養指導を受け持っております黒須千智です。

 

早いもので、2017年度ミスユニバース埼玉大会から昨日で一年が過ぎてしまいました。

 

実は私は、自身が候補生の時に、「目標はグランプリではない!」というブログを更新したことがございます。そしてその中で、グランプリに執着することなく、私がファイナリストとして成し遂げたいことを2つ挙げさせていただきました。

 

1つ目は、2018年度のファイナリスト一人一人に、栄養カウンセリングの機会を設けることです。

2つ目は、食を通した地域交流イベントをつくることです。

 

今回のブログでは、大会後の一年間を通して、それら2つの目標を私が達成することが出来たのかについてご報告も兼ねて書かせていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

 

1つ目の目標に関しては、沢山の方々のご協力のおかげで、ミスユニバース埼玉ファイナリストとして栄養学セミナーや、2018年度ファイナリストの栄養指導を行う機会をいただくことが出来ました。ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

 

2つ目の目標に関しては、きっかけをつくることまでは出来ましたが、私が出演するかたちでの実現はまだ出来ておりません。ファイナリストとしての任期を終了するまでのこの2カ月間を使って、実現していきます。

 

私は、ミスユニバース埼玉大会のグランプリはいただくことができませんでしたが、大会が終わってからの1年間を通して、自身が成し遂げたかったことの60パーセントが実現に至っております。

 

ファイナリストとしての任期が終わる前までに、その実現を100%にすること、米国栄養士試験に合格し、米国栄養士として動画を駆使し、『食の大切さ』を発信していくことが今後の目標です。

 

最後に、私が候補生の時に投稿させていただいた「目標はグランプリではない!」というブログを以下に載せさせていただきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。

 

黒須千智

 

 

—————————————————————————————————————————————-

【目標はグランプリではない!】

 

皆様こんにちは。

ミスユニバース埼玉ファイナリストの黒須千智と申します。

 

今回のブログは、栄養学から少し離れ、「私のビジョン」について書かせていただきます。

宜しくお願い致します。

 

ミスコンテストに出場している以上、「私の目標は、グランプリになることです」という方がほとんどだと思います。ですが私は、「グランプリを獲ること」を自分の目標にしたいとは思っていません。公式ページのプロフィールにある、自己紹介動画でも私はそのように述べました。

 

ここからは、その理由についてお話しします。

 

グランプリを獲ることを目標にしている人が、グランプリを獲った時に、何が残るのでしょうか?欲しかったものを手に入れた嬉しさや喜びでしょうか?あるいは、次に進む大会で、もう一度グランプリを獲ることでしょうか?では、最後まで勝ち進んで、自分がミスユニバースになれた時、果たして何がしたいのでしょうか?何を伝えていきたいのでしょうか?

 

私は、本当に大切なことは、オプイニオンリーダーとして何ができるのか。何をしていきたいのかだと思います。つまり、明確なビジョンをもって大会に臨むということです。そのビジョンは、大会の順位によって左右されるものではないとも思っています。

 

私にはその、変わりのない目標、人に伝えていきたいものがあります。それが、「栄養学をもって、人の命を救うこと」です。「食べることの大切さ」を伝えていくことです。

 

だからこそ私の目標は、「グランプリになること」ではなく、「グランプリとなって、食べることの大切さを訴え、人々の食育の発展に全力で寄与し、一人でも多くの命を救うこと」です。そしてこの目標は大会の順位に関係なく、常に自分の中にあるものでもあります。

 

その目標を達成するための具体的な方法も、もちろんあります。その中の2つが以下に挙げたものです。

 

【ファイナリストとしての今後のビジョン】

 

①           2018年度のファイナリスト一人一人に、栄養カウンセリングの機会を設けます。

日本大会では、ファイナリスト一人一人が、後天性アレルギーの有無を調べに行くほど、「食」という分野に重きを置いています。これを埼玉県では、ファイナリストのうちから徹底することで、日本大会でのリードに繋げることができます。そして何よりも、ファイナリストが健康でいられます。

②           食を通した地域交流イベントをつくります。

私の住む町、さいたま市南区は、街づくりのポイントとして「子供から高齢者まで元気で健康な街づくり」を掲げております。「この元気で健康な街づくり」に食生活の向上は必要な要素であると思います。例えば、地域の高齢者が、子供たちに郷土料理を教える、そのようなイベントを創り、埼玉県民の更なる健康の増進と食文化の伝承に寄与していきます。

 

ファイナリストとして私は、「誰よりも食を愛する人間」として自らが輝き、人々の食育の発展に全力を尽くします。これが私の求めるビジョンであり、11月21日の大会に臨む姿勢です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

 

黒須千智

 

【My Goal is Not to Get a First Place】

 

Hello everyone.

This is Chisato Kurosu, finalist for Miss Universe 2017 in Saitama.

 

As I mentioned in the title page, my goal in this beauty pageant is not to get a first place. However, I have a strong goal for this pageant, so I will tell you what is my strong goal and why my goal is not to get a first place in the following sentence.

 

I think that many people who participate in the beauty pageant, their goal is to get a first place. In this case, it is to be a miss universe 2017. However, if someone whose goal is to be a miss universe become a miss universe, what is her aim after getting the title of miss universe?

 

Therefore, I think the most important thing is what candidates want to do as a miss universe and what they want to share as an opinion leader. This is the reason my goal is not to get a first place. My goal is to share the importance of being healthy as a miss universe.

 

Therefore, I will take an action from small things such as establishing a nutritional counseling opportunity for each finalist in Miss Universe Saitama 2018 and create a local exchange event related to food in my home town.

 

Taking these as my strengths, I will do my best at the competition next week.

Thank you.

 

Chisato Kurosu

—————————————————————————————————————————————–

―筆者プロフィール―

2013年からアメリカの4年生大学にて栄養学を学び、「食を通して人を幸せにする」ことをモットーに食学の発展に力を入れる。食に関して人一倍の愛があり、これまでに読んだ食と健康に関する本や論文の数は100を超える。

 

◆略歴

1991年、埼玉県さいたま市に生まれる。

サウスイーストミズーリ州立大学卒業、人間環境学学士、管理栄養士科。

米国食品衛生管理者資格取得。米国栄養士免許取得見込み。

NPO法人オーガニック協会、翻訳ボランティア。国際食学協会会員。

 

 

 

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。