工藤沙織
工藤沙織

こどもの貧困

皆さま、こんにちは!

 

先日放映されたカンブリア宮殿をご覧くださった皆さま、ありがとうございました。

 

今回の放送後沢山の方々から

 

「こどもの貧困が日本に存在しているなんて、初めて知った。」

 

「何かできることがないのだろうか。」

 

とのメッセージをいただきました。

 

貧困は、必要最低限の生活水準が満たされていない状態の「絶対的貧困」に対し、

 

ある地域社会の大多数よりも貧しい状態の「相対的貧困」があります。

 

日本のこどもの貧困とは、後者の相対的貧困にあたるもので、

 

国民の所得の中央値(244万円)の半分(122万円)を下回っている世帯にいる子どもということになります。

 

 

いま川口こども食堂や学習支援の活動を通して思うことは、

 

「こどもの貧困は見えない」ということ。

 

 

一番私が驚いたのは、生活保護をうけている家庭でもこども達はスマートフォンを持っていること。

 

 

いま流行りの目が大きくなったり耳が付いて写るアプリや動画作成のアプリを駆使しているんですよ!

 

(毎回新しく作った動画や写真を「みてみてー!」と私に見せてくれるのです)

 

そして皆明るく友だちとわいわいはしゃぐどこにでもいるような中学生の子たちなのです。

 

ファストファッションが当たり前の世の中になってきたので、服装をパッと見てもどこにでもいる年頃のこども達。

 

でも実は食事を1日1食しか摂れていなかったり、お菓子を食事代わりにしていたりと育ちざかりの彼・彼女達には不十分な食事内容。

 

家庭にも居場所がなく近くのショッピングモールで友だちで集まり、水を飲んで空腹を紛らわせています。

 

 

 

私は彼や彼女らの未来が少しでも明るくなるように、この「ミス・ユニバース・ジャパン埼玉代表」という肩書を「最大限活用して」活動をしていきます。

 

 

そして「ミス・ユニバース・ジャパン日本代表」になったらもっと誰かの希望になることができる、

 

まだ出逢ったことのない誰かの役に立つことができると確信しています。

 

 

 

 

なぜ絶対的貧困の発展途上国のこども達を支援ではなく、いまなぜ私は日本の国内のこどもの貧困に問題意識を持って活動しているのか。

 

 

 

それは中学生のころに遡ります。

 

 

小学生のころからガールスカウトの活動をしており、小学生・中学生の頃の夢が「ユニセフで働くこと」だったのですが、

 
その想いを当時お世話になっていた素敵な女性に話したことがありました。

 

すると、「発展途上国の恵まれない人を助けるのもとても素晴らしいことだよ。でもね、いま住んでいる日本にも困っている人が沢山いるんだよ。

 

あとは一番身近にいるお父さん、お母さん、お友達を大切にすることがまずはじめに大事なことだと思うよ。」

 

この言葉で、はじめに身近にいる大切なひとたちを愛し幸せにすること、そして日本で苦しい思いをしている人に希望をもってもらう活動をしようと思いました。

 

 

 

いまは国内のサポートですが、絶対的貧困に苦しむ人たちへのサポートもこれから必ずしてまいります。

 

 

 

20世紀アメリカの思想家であるバックミンスター・フラーが地球を「宇宙船地球号」と呼んだように、

 

宇宙船地球号の乗組員である私たちひとりひとりが自分の幸せと共に同じ船に乗る仲間の幸せを願うことができ、

 

それが実現できるような世界にしていきたいです。

 

 

 

まだまだ私自身は人間的に未熟で日々反省することが多々あります。

 

しかし、ひとつひとつのトライ&エラーを繰り返して前に前に進んでいきます。

 

死ぬこと以外かすり傷ですものね^^

 

今後もこども食堂や学習支援、その他の社会貢献活動についてこちらのブログにおいてもご紹介させていただきます。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

感謝を込めて。

工藤沙織

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。