工藤沙織
工藤沙織

人生を愉しむのに年齢制限なんてない! 〜私がモナコで感じたこと〜

皆さま、こんにちは♪

私事なのですが、最近体脂肪率が16%となり、自分の身体の変化に驚いております(*^^*)

 

やる!と決めて自分を信じて行動すると結果はついてくるなと実感しております。ますますウキウキするばかり♪

 

 

さて、今日は今年初めて訪れたモナコ公国でのお話です。

 

ジブラルタル海峡をディンギーヨットで縦断する前に、1週間ほど滞在いたしました。

 

 

突然ですが、色々なことに挑戦するとき、皆さまは

 

”自分の年齢”を気にしますか?

 

中学生、高校生のころは校則が厳しいことで有名な学校に通っていたため

 

スカート丈をあげることも

お化粧をすることも

髪の毛を自分の好きなように染めることも

できませんでしたし、

当時没頭していたコーラス部で全国大会優勝を目指している身として、一切校則に反することはしませんでした。

 

大人になったら毎日お洒落やお化粧をしたい!

自分を表現したい!

サークルや社会貢献活動をしたい!

沢山友だちを作りたい!

 

もっと遊びたい!

 

そう思っていました。

 

高校を卒業してからは、校則というものもなくなり自分のやりたいことに素直に取り組んでいたように思います。

 

そんなとき、あるきっかけでお会いした方とお食事をしたことがありました。

 

彼女は私と同じ24歳。

 

とても可愛らしくいまどきのお洒落な方で、終始楽しく話していたのですが、ひとつだけ気になることがありました。

 

「私はおばさんだからできないよ。」

 

「歳とってるし、もう無理だよ。」

 

この二つのフレーズが会話の中に何度も何度も出てきたのです。

 

たしかに、年齢を重ねてゆくと10代や20代の頃と比べて家庭や仕事で背負うものが大きくなったり、身体的に違いがでてくることもあると思います。

 

そうは言うものの、まだ20代でこの言葉が出てきてしまうという事実に私は驚きを隠せませんでした。

 

「歳を取る」

 

というと、あまり良いイメージをもたれる方は少ないのではないかな、と思います。

 

では、

 

年齢を重ねるは、

 

いかがでしょうか?

 

毎年1年成熟した違う自分に出会えると思うと私は期待感でいっぱいになります。

 

年齢を理由に出来ないことを自分の中に沢山作るのはとても勿体無いと私は思います。

 

 

モナコでとても魅力的な方にお会いしました。

 

 

私の大好きなエコール・ド・プロトコール・モナコ代表の畑中由利江先生が代表理事をされている慈善団体である、アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポン(ASFIJ)が開催するランチパーティーに参加させていただいたときのこと。

 

一緒に踊りましょう♪とノリノリで私の手を取ってくださったのは、70歳をとうに過ぎたマダムだったのです。

 

握った手はとにかく力強く、私はクルクルと回されてしまいました♪

 

全身白いお召し物に

足元はピンヒール

赤い口紅を差した口元に浮かべた満面の笑み

 

その姿はエネルギーに満ちていて、私はただただ圧倒されてしまいました。

 

このとき、こんなにもイキイキと人生を愉しんでおられる先輩がいらっしゃるのだから私ももっと愉しまなきゃ♪と心に誓いました。

 

 

歳を取ることは肉体的に衰えを感じることかもしれません。

 

 

しかし、それ以上にその人が積み重ねてきた人生での経験が内面から輝く美しさに繋がると私は信じています。

 

それが「年齢を重ねる」、ということだと思います。

 

 

私もモナコのマダムのように年齢を重ねるごとに、チャレンジをし続けてゆきます。

 

なにもチャレンジといっても大それたことをしなければならないわけではありません。

 

自分にとってちょっと勇気がいるけどやったら愉しそう♪と思えることを取り組んでみれば良いのだと思います。

 

チャレンジすることに年齢制限はないのです。

 

チャレンジし続ける私の姿を見て、1人でも多くの方が心からやりたいことに一歩踏み出していただけるようにこれからも過ごしてまいります。

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 

 

感謝を込めて。
工藤沙織

 

〔関連エントリー〕
103日と8時間34分の大冒険《前編》 〜ジブラルタル海峡縦断プロジェクト〜】 2016.10.12
自分を信じて、仲間を信じて。】 2016/10/23
2020年は文化の祭典!?Culture Vision Tokyoに行き想うこと。】 2016/10/29
埼玉は日本一♡】 2016/11/05

 

工藤沙織その他のSNSはこちらから

[Profile]
[Facebook] → 工藤 沙織 (Saori Kudo)
[Twitter] → @Sally__K
[Instagram] → sally.kudo
[Youtube] → 工藤沙織

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。