m_yanagi
柳愛世

夢への第一歩!

皆様、こんにちは😊

 

 

 

 

1月11日の今日は1が3つも揃ったゾロ目の日ですね♪

 

 

 

 

何かラッキーなことはありましたか?

 

 

 

 

今日わたしは、Kifu Barというイベントに参加してきました!

 

 

 

Kifu Barとは、生活者とNPO法人の交流の場を生み出し、社会貢献性のあるNPO法人の啓蒙活動と寄付活動を同時に行うことを目的とした、新しい社会貢献の形の ”飲めば飲むだけ寄付になるスタンディングバー” です。

 

 

 

 

 

 

KIFU BARの仕組みは、

1. 参加費の一部をNPO法人への寄付金にしております。
(KIFU BARの運営に必要な金額を引いた金額をすべて寄付)

 

2. 販売したドリンク代の40%を寄付しております。
当日は一杯500円で販売しています。
そのうち200円をNPO法人へ寄付させていただきます。

(引用)

 

 

 

今回わたしがこのイベントに参加した理由は、

 

①ただ寄付をするのではなくお酒を飲んで楽しく寄付ができること

 

②NPO法人の方に会社経営の仕組みが聞けること

 

という、一石二鳥で魅力溢れるイベントだからです!

 

 

 

 

今回のイベントで、プレゼン発表をなさった企業が2社ありました。

 

1社目は、認定NPO法人カタリバ 様です。

NPOカタリバ様は創業の2001年から、高校生のための出張型のキャリア教育を届けているほか、東北3県と熊本県では、震災で学ぶ場所を失ってしまった子どもたちのための放課後学校、2016年からは貧しい家庭環境に生まれ育った子どもたちのための、安心安全な居場所作りも行っています。

 

日本の、どんな環境に環境に生まれ育った子どもたちも「未来は自分たちの手で創り出せる」と信じられる社会を作るため、活動しています。

 

画像引用

https://goo.gl/images/7qTP2M

 

 

 

 

 

二社目は、日本国際ボランティアセンター(JVC) 様です。

日本国際ボランティアセンター(JVC)様は、アジア、アフリカ、中東の様々な国で、その土地に生きる人々に寄り添った支援を37年間実施してきました。

 

パレスチナでも、占領や軍事攻撃により精神的にも物理的にも厳しい状況下で生きる現地の人々を、25年以上支えてきました。現在はガザ地区と東エルサレムで活動しています。
http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine/
ガザでの活動は2003年に開始し、現地のニーズに柔軟にあわせて様々な活動を実施してきました。

 

2013年からは「子どもの栄養失調予防事業」を行っています。2016年度はのべ4900人の女性に栄養・保健教育を、2600人の5歳以下の子どもを対象に栄養教育・健診を実施しました。

 

地域のお母さんたち・子どもたちに行動の変化を起こすことで、たとえば、中・重度の貧血、くる病と診断された子どものうち、90%以上が症状を改善させることができました。また、その実績が認められ、2017年はUnicefとの協働が実現しました。

 

 

 

 

こちら二社の活動のお話を聞けて大変勉強になりました。

 

特にカタリバ様のお話からは、震災被害に遭われた方々のボランティアは今でも必要とされているということです。

 

メディアで取り上げられなくなると悲しいことにどんどん記憶は風化してしまい忘れ去られてしまいますが、被災された地域の子供たちはその悲しみをバネに力強く生きているなと動画から感じられました。

 

そんな子供たちを手厚くサポートしているカタラバ様は、子供たちにとって友人とは違った特別な存在なのではないかなと思いました。

 

 

 

 

また、日本国際ボランティアセンター様の活動報告を聞いて、現地の方々を「支援者」ではなく共に助け合う「パートナー」という見方で接していることが素敵だなと思いました。

 

 

 

 

※フラッシュを前面に浴びて顔が真っ白💦

白粉ではありません💦

写真左:

日本国際ボランティアセンター(JVC) 様の山村様

左から2番目と右:

認定NPO法人カタリバ 様のお二方

 

 

 

 

そしてこちらがイベントの主催者である、谷田 脩一郎 様です。

 

 

 

 

谷田様には、私の理想の会社像を親身に聞いてくださり、会社を立ち上げるにはどうしたら良いのかを丁寧にアドバイスして下さいました。

 

 

 

 

谷田様自身も何社も会社を経営されている方なので自身の失敗談なども踏まえながら、どう会社を立ち上げていったか、そして今の私には何ができるのかをお話してくれました。

 

 

 

 

私のような社会経験が低く経済の知識がない大学生に優しく接してくれたことを心から感謝しております。ありがとうございます😊✨

 

 

 

 

今日のイベントを通して私の夢への一歩が踏み出せたかなと思いました!

 

 

 

 

今更ながら私の夢とは何だ?と思っている読者様は、こちらからぜひご覧ください💓

 

 

 

 

これからも持ち前の行動力とチャレンジ精神でどんどん夢に向かって突き進みます!

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊✨

 

 

 

 

明日の華金が皆様にとって素敵な日になるように✨

 

 

 

 

柳 愛世(やなぎ まなよ)

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。