久保田瞳
久保田瞳

大会を終えて~感謝の気持ち~

こんにちは。
久保田瞳です。

 

先日、無事にミスユニバース埼玉大会を終えました。

 

大会当日は、はじまりから終わりまで本当に楽しく過ごさせて頂きました。

 

候補生からファイナリストになり過ごした3ヶ月半、もともと好奇心旺盛で楽観的な性格ではありますが、踏み入れたことのない世界にいくことや自分の変化に対して、不安や葛藤もありました。

 

しかし、尊敬するトレーナー様、素晴らしいファイナリストの皆、家族や友人、企業様、応援してくださった皆様のお陰で、大会をやり遂げることができました。

 

入賞することはできませんでしたが、かけがえのない経験をさせて頂きました。
感謝の気持ちで一杯です。

 

私の変わったと思えることは、自分らしさについて考えられるようになったことだと思います。

 

ファイナリストは大勢いて、本当に素敵な方々です。そんな中、個性を出さなければ誰にも自分を印象付けることはできません。今まで、スタイリストさんのおススメでスタイルを決めてきた私には難しいことでした。ここまで真剣に考えたことはありませんでした。

 

外見だけの美しさだけではなく、内面の美も競う大会では、自己PRやスピーチも課題でした。自分の生い立ちから考え、今の自分に何ができるのか、今後の人生で何を成し遂げたいのか、漠然としていたことに対して、具体性を持たせる必要がありました。

 

わずかな時間の中でも自分と向き合って、どう自分を表現していくか考えることができました。

 

大会前日に、大会の主催者、㈱アイムユニバースの藍川社長から頂いたメッセージは、「人生の主人公は常に自分である」でした。

 

大会を経て、本当にその通りだと思いました。美しさは自分らしさの中にあると思います。

 

人生で何かを習得する上で、謙虚であることは大切です。
しかし、謙虚すぎて自分のよさを否定すると、自信を失ってしまうこともあると思います。

 

自分らしさを確立すると自信が出てきます。自信をもった人は美しく見えます。
人は、もっと美しさに貪欲であって良いのだと気付きました。

 

ミスユニバース埼玉大会に挑戦して、世界が広がりました。
実をいうと、私の中では、大会が終点ではなく、この経験は人生の通過点と思っています。
まだまだ、ウォーキングもスピーチもうまくなりたいと思っていますし、教えて頂いた筋トレはこれからも続けます。
そして、今まで以上に勉強し世界に通用する人間になって、世の中の役に立つためにこれからも頑張ります。

 

皆様、本当にありがとうございました!

 

 

2018ミスユニバース埼玉大会ファイナリスト
久保田瞳
2018 Miss Universe Saitama Finalist
Hitomi Kubota

Profile
Instagram
Twitter

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。