真里宇田川
真里宇田川

失われた世代 Lost generation

皆様こんばんは⭐️

今日は世界での失われた世代

 

についてお話します。

 

英語と日本語で書きました😌

 

読む前に動画をみて頂きたいです。

 

英語ですが、映像からも読み取れるものがあると思います。

シリア戦争

 

 

“4年前に戦争が始まったとき私は勉強を終えようとしていました。” そう語るのはシリアに住むヒバさん26歳。

彼女は大学を卒業するまでに必要な単位は科目は2つしかありませんでした。彼女はは10歳から英語が大好きで、先生になることを夢見ていました。

 

ヒバさんは”今の子供たちは私たちの国を再建する人になるので、特に今、若い人たちに勉強を教えたい”と言っています。

 

”彼らはシリアの未来であります。”

 

彼女の住むシリアでは移動ごとに、快適さを感じず、安全性も感じません。 ほぼ毎日爆撃されている場所で、安全でないと感じる毎日。

 

彼女と彼女の家族は大きな選択をしなければなりませんでした。 それは移動することでした。 そして、2つのバックだけ持って彼女たちはヨルダンに行きました。

 

ヒバさんはシリアに帰ることを考えました。

何故なら彼女は彼女の母国、シリアの再建の一部になりたいと思っているからです。

ですが残念ながら、今彼女はすぐに帰ることができるとは考えていません。

彼女は ”ヨルダンに到着したとき、私はすぐに数週間でシリアに戻ってくると思った。” “しかし2年経ちました”  とコメントしています。

 

彼女はまだいつか自分の家に帰ることを望んでいます。

子供の頃、”私は子供が未来であり、その若い時に私たちにより良い世界を創造するように挑戦してほしい”と信じていた先生に魅了されました。
私は先生が学生に情熱的にこれを植え付けることはまれだと思っています。

 

ヒバさんは ”私は先生の足跡を辿ることを望んでいますが、今の私の道は、家から遠い暮らしの不確実性、ヨルダンでは莫大な費用がかかっています。” とコメントしました。

 

そして ”ヨルダンでは見知らぬ人のように見られ感じる。” ”私を知っている人、または知りたい人はいません。” 

 

ヨルダンでは、シリア難民として、正式に雇用許可を得ることはほとんど不可能なのです。

 

 

一晩で彼女の夢は変わりました。”私は家族や友人と一緒に英語を勉強することを夢見て学校に通っていました。ですがそれはすべて失われたと感じました。” と言っています。働くことは不可能であり、勉強することは不可能。明日の夢を実現するのではなく、今日のニーズを満たすことに精一杯な暮らしなのです。

ヒバさんは教師であることを夢見ていましたが、彼女の両親は年老いているので、避難所、食糧、薬の基本的なニーズをカバーするしなくてはいけませんでした。彼女には家族をサポートするために何か方法が必要でした。ほとんどのシリア人は仕事が許可されていませんが、ボランティアができます。彼女はヨルダンの東アンマンにある都市難民センターで、貧困撲滅組織 CAREとの役割を見つけました。そこでは有意義なボランティア活動を行う奨励金を得ました。

 

そこで働いた後ヒバさんは ”私はより社会的になり、もはや孤立した気分になりません。自宅に座って、力を失い、自信を失う気持ちにもなりません。 私の家族を助けるために何ができるのだろう?人々を助けるために何ができるか考えるようになりました。”とコメント。

 

”代わりに、私は権限があると感じます。私は自分の可能性を認識します。そしてそのために、私は自分の夢をあきらめることを断ります。

 

 

ヒバさんは教育を終え、シリアの子供たちを教えるという夢を取り戻したい。再設定することで自分の将来を形作ることができ、彼女の将来を作ることができます。彼女はシリアで直面した危機を子供たちにに伝え、この歴史を認識し、それから学ぶ必要があると考えています。

子供たちと話をして、彼らに声が届くよう確かめるように力を与えなければなりません。変化はそれらから始まります。それは私たちと一緒に始まります。

 

 

人は教育を追求し、最も基本的なニーズを満たし、自分自身を表現する権利があります。

 

これらの権利が抑止されると、人の可能性、機会、よりよい世界を創り出す力、が失われます。

 

ボランティア活動をしたことで自分の夢をあきらめることはおかしいと再確認し、立ち上がったヒバさん。

 

私はこの記事を読んで世界に質問したい事があります。

 

 

 

 

私の世界への質問、、

あなたが何時間ものうちにすべてを失った後、あなたの人生が逆さまになったと時を想像してください。
あなたは何を信じて生きますか?

 

あなたは何をしがみついて生きいますか?

 

 

答えは、あなたの夢です。私たちは皆持っています。

そしてどの環境にいても夢を持っていいのです。
私はミスユニバースに勝ち、世界中の子供たち、人々に”夢を持っていい”と私の人生をかけたテニスで伝えます。
宇田川真里

 

Hiba was finishing her studies when the war began four years ago. She had only two subjects remaining before I graduated from university with a degree in English literature.  Since she was 10 years old, I have loved English and dreamed of becoming a teacher.

“I want to teach the younger ones, especially now, because children are the ones who will rebuild our country. They are Syria’s future, and they deserve our significant investment. ” “moving from one house to another, from one village to another. With each move, we felt no comfort, no safety. ” When you feel unsafe in a place that is being bombed nearly every day, you eventually must make a choice: Ours was to leave. And with only two packed bags, we did. We went to Jordan.”

 

I’ve thought of returning to Syria. I want to be part of my country’s rebuilding, but sadly, I don’t expect this to happen any time soon. When we arrived in Jordan, I thought I would return soon to Syria — in only a few weeks. We all thought so.  ”It’s been two years. ”

And while I still hope to go home one day, my biggest question is: “When?” I want to return so that I can teach.  As a child, I was inspired by my third-grade teacher, who believed children are the future and who challenged us at that young age to create a better world. I think it’s rare for a teacher to instill this so passionately in her students, but I want to try. Although I hope to follow in my teacher’s footsteps, my path for now is blocked by the uncertainty of living far from home, by a war that has driven me here, by tuition costs in Jordan that are prohibitively expensive. Being away from home presents many challenges.

”You feel like a stranger in a foreign place. ”

”You’re not among people who know you, or who want to know you. As a Syrian refugee, it is nearly impossible to get permission to be officially employed, and I’ve no money to complete my studies.”

Overnight, my dreams changed. In one moment I was at home with family and friends dreaming of studying English, of becoming a schoolteacher. In the next, it all feels lost. It’s impossible to work, impossible to study. We hope to meet our needs today, not so much to fulfill our dreams tomorrow.

 

In Syria, I was responsible to my parents, now I am responsible for them. I dreamed of being a teacher, but because my parents are old, I must try each week just to protect them, to cover their basic needs of shelter, food and medicine. I needed some way to support my family. While most Syrians are not permitted to work, we can volunteer. I found a role with the poverty-fighting organization CARE in the urban refugee center in East Amman, Jordan, where I earn a stipend doing meaningful volunteer work.

 

 After working there, She has become more social, and no longer feel isolated.  Hiba said “It’s not like sitting at home, feeling powerless, losing confidence, wondering what I can do to help my family, to help my people.” 

“Instead, I feel empowered. I recognize my potential. And, because of that, I refuse to give up on my dreams. My hope is to resettle for the short term in another country so I can continue my studies.”

 

I want to complete my education and reclaim my dream of teaching Syrian children. Resettling could help shape my future so that I can help shape theirs. One day, I will tell them of the crisis we faced in the Syria that I left. We must be aware of this history, and learn from it. We must empower children to speak up and then be sure that their voices are heard. Change starts with them. And it starts with us.

Each person has the right to pursue an education, to meet their most basic needs, to express themselves.

 

My question to the world is this:

Imagine your life has been turned upside down after you lose everything in a matter of hours

What do you believe in then? What do you cling to?

The answer, I think, is: your dreams. We all have them.

I will tell people that everyone can have dream.

💓SNS💓

Facebook

Instagram

ミスユニバース公式サイト

皆様宜しくお願い致します😍💓

宇田川 真里

 

 

 

 

 

 

 

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。