真里宇田川
真里宇田川

日本も難民を受け入れるべき?

2015年に日本で難民認定された人の数は、アジア諸国から申請を受けた7586人のうち27人でした。

 

 

 

 

 

日本はもっと難民を受け入れるべきなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

世界で難民に対する関心が高まっています。

 

f:id:tany_tanimoto:20160126180515j:plain

 

 

受け入れるべきか、拒否するべきか。

 

 

 

 

 

 

 

欧州を悩ませる難民問題は、解決の糸口が見えないまま世界的な広がりを見せています。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は難民を受け入れられるのか?

日本も難民を受け入れています。

 

 

 

 

 

法務省によると、2015年の難民認定の申請数は前年比52%増の7586人で、5年連続で過去最多を記録しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに対し、認定数は27人で、前年より16人増えました。国別の申請数を見ると、ネパール、インドネシア、トルコ、ミャンマーが多くなっています。

 

 

 

 

 

 

一方、シリア難民について見ると、2011年以降、63人のシリア人が難民申請し、認められたのは3人です。

●日本の難民認定基準

1951年の難民条約によって国際的に認められた難民の定義は、「人種、宗教、国籍、政治的意見や特定の社会集団に属するなどの理由で、迫害を受けているか、迫害を受ける恐れがあるために他国へ逃れた人」というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は他国よりもこの定義を厳密に守っていて、迫害の証明を日本語に訳した書類を申請者に提出するよう求めるなど、厳しい審査が行われています。そのため、「紛争」を理由に他国へ逃れているシリア難民は、「難民ではない」というのが法務省の解釈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の審査が厳しい理由は、出稼ぎ目的の「偽装難民」が多いことです。日本では2010年に難民認定制度が改正され、外国人が難民申請すると、6カ月後には難民認定されなくても自動的に働けるようになりました。改正された理由は、申請者が申請中に生活に困らないようにとの配慮からです。その結果、「日本では難民申請すれば働ける」との噂が広がり、ブローカーの暗躍が指摘されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年の難民申請者数は7586人ですが、法務省ではこの大半が偽装申請だと見ています。

●過去には大量受け入れも

日本も過去、難民を大量に受け入れたことがあります。それは「インドシナ難民」です。インドシナ難民とは、1975年にベトナム・ラオス・カンボジアのインドシナ三国が社会主義体制へ移行した際、国外へ脱出して難民になった人々のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

賛否両論に揺れる難民問題。

 

 

 

 

 

 

 

●メリット

人道的責任を果たすことで国家としての信用や発言力が高まることが期待されます。「なぜ日本は難民受け入れに消極的なのか?」という欧米からの批判がたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、少子高齢化による労働人口の減少が深刻な問題になっている日本で、難民がその担い手となったときには、経済成長や年金財源確保の下支えにもなるでしょう。IMF(国際通貨基金)は、欧州に押し寄せている難民について、短期的には経済成長を押し上げる効果が大きいとする一方、長期的にはどれだけ早く仕事を見つけ、国に溶け込めるかにかかっていると指摘しています。

●デメリット

難民が自立して生活できるまでの支援に莫大なコストがかかることが第一に挙げられます。さらに、文化的摩擦や衝突に伴う犯罪の増加やテロの危険性も否定できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、フランスで2015年11月に起きたパリ同時多発テロ事件では、難民として欧州に入国した人から2人の実行犯が出ています。

●ドイツはこれからどうするのか?

ドイツのメルケル首相は、「難民の受け入れは、経済と社会に利益をもたらす」「明日のためのチャンス」だとして、ほぼ無制限の受け入れを標榜してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これに対して、国内から批判の声も上がっています。2016年1月の世論調査では、メルケル政権の支持率が、首相として3期目を迎えた2013年9月以来最低の32.5%にまで低下しました。反イスラム・反難民を訴える極右勢力などのデモが不気味な広がりを見せるなど、ドイツは大きく揺れています。

難民受け入れ、日本はどうする?

「なぜ日本は難民受け入れの審査が厳しいのか?」と批判する声がある一方で、欧州が難民問題に頭を痛めている様子を見て、「日本の対応は正しい」と支持する意見もあります。

 

 

 

 

 

 

世界の難民総数は約6000万人と言われます。距離的に遠い日本にシリア難民が押し寄せるという事態は起きていませんが、北朝鮮をはじめアジアのどこかの国で同様の紛争が発生した場合、大量の難民が日本へ押し寄せるということも起こり得ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

難民にどう対処するべきか?欧州各国の対応を参考に、日本も今のうちから対策を立てておいたほうが私はいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国民一人ひとりが難民問題に関心を持ち、今後の国の方向性を考えることが必要だと思います。

 

 

 

💓SNS 💓

公式ホームページ
http://muj-saitama.jp/talent/m_udagawa/

Instagram

https://www.instagram.com/mariiilyn_monroeee

Facebook

https://m.facebook.com/mari.udagawa1

 

Mari Udagawa

宇田川 真里

 

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。