m_yanagi
柳愛世

18歳の成人式

皆様、こんにちは!

 

 

 

 

丁度1ヶ月後はバレンタインデーと迫ってきましたね😍

 

 

 

 

先日ニュースで、本命チョコレートにかける予算金額(¥3,391)よりも自分へのチョコレートの予算金額(平均¥3,994)のほうが上回っていたことに驚きました!!!

 

 

 

 

今年から私も自分へのチョコレートを買ってみようかな?なんて考えている柳愛世です💕

 

 

 

 

本日は以前こちらで妹の成人式をきっかけに自分の成人式の思い出を振り返った記事をかかせてもらいましたが、最後の方で「実は私人生で2回成人式を挙げているんです。」と書きました。

 

 

 

 

そのことについて今日は書きたいと思います♪

 

 

 

 

タイトルにもありますが、18歳で人生で初めての成人式を迎えました。(正式には当時19歳だったのですが💦)

 

 

 

 

母の祖国フィリピンでは、女性が18歳になるとDebut(デビュー)という成人式が催されます。

※ちなみに男性は日本と同じ20歳です。

 

 

 

 

日本とは違って市町村単位での式典ではなく、家族単位でパーティーのように開かれます😊

 

 

 

 

私が大学1年生の時、従姉妹のミシェルと一緒にDebutを迎えました✨

 

 

 

 

パーティーでは、家族、親戚一同はもちろん仲の良い友人も参加して、歌ったり踊ったり、両親へ感謝の気持ちを込めた手紙を読んだりと楽しい内容が盛りだくさんでした。

 

 

 

 

中でも特に面白かったのが、男性18人とダンスをすることです♪

 

 

 

 

親戚の叔父(伯父)から始まり、友人、そして最後には父と踊り、踊り終わったら一人一人からバラの花をもらうので最終的には全部でDebutの年齢である18本になります🌹

 

 

 

 

日本とフィリピンの2カ国の間に生まれた私だからこそ体験できた二つの国の成人式。

 

 

 

 

しかしフィリピンでは貧富の差が激しいため、Debutを祝ってもらった子はそんなに多くありません。

 

 

 

 

母の友人に、「あなたの時のDebutはどんな感じだったのですか?」と尋ねても、「私は貧乏だったからやってないの。」と言われたことがあります。

 

 

 

 

私は人生で2回も成人式を迎えることが出来ました。

 

 

 

 

こんな幸せなことはないですし、以前の記事にも書いたように私は留学中にも関わらず両親の計らいで一時帰国をしてまで日本での成人式に参加することができました。

 

 

 

 

だからこそこの春大学を卒業したら一生懸命働いていずれ両親に、

働かなくていいよ。自分達の好きなことやりな!

なんて言えるぐらいの親孝行をします!!!

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊✨

 

 

 

 

明日からまた1週間、頑張っていきましょう💪

 

 

 

 

柳  愛世(やなぎ まなよ)

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。