真里宇田川
真里宇田川

“Happiness comes and goes. “

エミリー・エスファハニ・スミス: 幸せを目指すだけが人生じゃないPart3!!!!

 

 

3つ目、

 

 

 

 

それは自分の限界を超えることですが。

 

 

 

 

ですが皆さんが知っているものとはまったく違う方法です。

 

 

「超越」です。

 

 

 

 

 

超越という状態はとてもまれな瞬間で、日々の喧噪からふと離れて自我という感覚が消え去り、より高次の現実と一体になる感覚に陥ります。

 

 

 

 

 

 

エミリーさんの研究では芸術作品を見ると超越の感覚になるという人もいますし、教会の礼拝のときに 経験する人もいるということです。

 

 

 

彼女は作家なのですが 書くことでその状態になると言っています。

 

 

 

 

時には あまりに入り込んで 時間や場所を忘れてしまうほどだそうです。こうした超越の瞬間は自分を変えてくれると研究で分かっています。

 

 

 

 

”学生たちに 60メートルのユーカリの木を 1分間 見上げさせました。その後 学生たちは 自己中心的でなくなり、人を助けるような状況でより寛容に振る舞った。”とエミリーさんの研究で分かっています。

 

 

 

 

 

結びつき、目的、超越と生きがいの4つ目はなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

4つ目は 「ストーリーテリング」

 

 

 

 

 

 

 

自分で語る自分についての物語です。

 

 

 

 

 

人生の出来事から物語を紡ぐことで物事が明確になります。

 

 

 

 

 

 

 

今の自分に至るまでの過程が理解しやすくなるのです。

 

 

 

 

 

しかし。その物語を語っているのが自分であることや物語を変えられることに気づかないことがあります。

 

 

 

 

 

 

人生は単なる出来事の連続ではありません。自分の物語を編集し解釈し語り直すことができます。 たとえ事実という 制限があったとしても。

 

 

 

 

 

 

 

エミリーさんは実際に体験し、例があります。

 

 

 

 

 

 

”フットボールのプレー中に麻痺状態になったエメカという若い男性に出会いました。怪我のあとでエメカはこう思ったそうです 「フットボールをプレーできた 人生は素晴らしかった だが 今はこんな状態だ」

 

 

 

 

 

 

”こんな風に物語を紡ぐ人は「昔は良かった。今はだめだ」と 不安や憂鬱であることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

”しばらくはエメカもそうでした。しかし時が経つにつれ 彼は違う物語を紡ぎ始めました。彼の新しい物語はこうです。「怪我をする前は人生に目的などなかった。遊び回って自己中心的だった。しかし怪我をしたことでよりよい人間になれると気づいた」と 自分の物語を編集することでエメカの人生は変わりました。”

 

 

 

 

 

 

 

新たな物語を自らに言い聞かせてからエメカは子供たちの指導を始め、人生の目的を見い出しました。他人のために生きることです。

 

 

 

 

 

 

 

心理学者のダン・マクアダムズは これを「取り戻しの語り」と呼びます。悪が善によって償われる物語です。生きがいのある人生を送る人々は償いと成長そして愛によって人生の物語を定義する傾向にあると言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

では何がきっかけで 人々は物語を変えるのでしょう?

 

 

 

 

 

私もテニスが怪我できなくなってからです。その前はプロになるということにしか頭にありませんでした。スポーツの世界は厳しく、毎日”あの子に勝たないと”と生き甲斐なんて考えていない、もしくはなかった。

 

 

 

 

セラピストの助けを借りる人もいますが自分でもできることです。

 

 

 

 

 

ただ人生をじっくりと振り返るのです。経験の捉え方や失ったもの得たものによっていかに自分が形成されてきたか、エメカはそうしたのです。

 

 

 

 

 

 

 

物語はそう簡単には変わりません。何年もの日々と辛い過程が必要かもしれません。誰もが辛さを経験し苦しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし 痛みを伴う記憶を受け入れることで新たな洞察や知恵を得ることができ自分を支えてくれる良い部分を見いだすことができると私は思います。

 

 

 

 

 

 

結びつき、目的、超越 ストーリーテリング これら4つが 生きがいの4つの柱です。

 

 

 

 

 

 

 

人生が本当に充実していれば物事がまったく上手くいかなくても、生きがいがあることで踏ん張れると私は思います。

 

English Ver.

The third pillar of meaning is also about stepping beyond yourself, but in a completely different way: transcendence. Transcendent states are those rare moments when you’re lifted above the hustle and bustle of daily life, your sense of self fades away, and you feel connected to a higher reality. For one person I talked to, transcendence came from seeing art. For another person, it was at church.

For me, I’m a writer, and it happens through writing. Sometimes I get so in the zone that I lose all sense of time and place. These transcendent experiences can change you. One study had students look up at 200-feet-tall eucalyptus trees for one minute. But afterwards they felt less self-centered, and they even behaved more generously when given the chance to help someone.    Belonging, purpose, transcendence. Now, the fourth pillar of meaning, I’ve found, tends to surprise people.
The fourth pillar is storytelling, the story you tell yourself about yourself. Creating a narrative from the events of your life brings clarity. It helps you understand how you became you. But we don’t always realize that we’re the authors of our stories and can change the way we’re telling them. Your life isn’t just a list of events. You can edit, interpret and retell your story, even as you’re constrained by the facts.
I met a young man named Emeka, who’d been paralyzed playing football. After his injury, Emeka told himself, “My life was great playing football, but now look at me.” People who tell stories like this — “My life was good. Now it’s bad.” — tend to be more anxious and depressed. And that was Emeka for a while. But with time, he started to weave a different story. His new story was, “Before my injury, my life was purposeless. I partied a lot and was a pretty selfish guy. But my injury made me realize I could be a better man.” That edit to his story changed Emeka’s life. After telling the new story to himself, Emeka started mentoring kids, and he discovered what his purpose was: serving others. The psychologist Dan McAdams calls this a “redemptive story,” where the bad is redeemed by the good. People leading meaningful lives, he’s found, tend to tell stories about their lives defined by redemption, growth and love.
But what makes people change their stories? Some people get help from a therapist, but you can do it on your own, too, just by reflecting on your life thoughtfully, how your defining experiences shaped you, what you lost, what you gained. That’s what Emeka did. You won’t change your story overnight; it could take years and be painful. After all, we’ve all suffered, and we all struggle. But embracing those painful memories can lead to new insights and wisdom, to finding that good that sustains you.   That’s the power of meaning.
Happiness comes and goes. But when life is really good and when things are really bad, having meaning gives you something to hold on to

 

 

 

Mari Udagawa

💓SNS 💓

公式ホームページ
http://muj-saitama.jp/talent/m_udagawa/
Instagram
https://www.instagram.com/mariiilyn_monroeee
Facebook
https://m.facebook.com/mari.udagawa1

シェア宜しくお願い致します😊💓

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。