m_yanagi
柳愛世

Miss Wheelchair World ~ミス・ウィールチェア・ワールド~

皆様、こんにちは😃
今日は真夏日なような気温でとても暑かったですね😅
明日もまた暑くなるようなので熱中症や脱水症状には気をつけてお過ごしください☺️
今回のブログでは、「Miss Wheelchair World」(ミス・ウィールチェア・ワールド)について書きたいと思います。
今年初となる「ミス・ウィールチェア・ワールド」とは、車椅子の女性の方による美しさを競うコンテストです。
決勝には18カ国から24名の方が参加し、1位に選ばれたのは、ベラルーシ出身の学生であるアレクサンドラ・チチコワさん(23)です。
 画像引用
https://goo.gl/images/pwmkfa
私と歳が近くまたミスコンということでとても関心を持ってニュース記事を読ませていただきました。
コンテストの目的について、大会の共同創設者で審査委員長も務めるカタルジュナ・ボイタシェク・ギナルスカ(Katarzyna Wojtaszek-Ginalska)氏は「車いす女性のイメージを変え、彼女たちがその側面だけで判断されないようにすることだ」と述べ、世界の多くの地域では車いすはまだぜいたく品であることもこのコンテストを通じて知ってほしいと付け加えた。ボイタシェク・ギナルスカ氏自身も車いす女性だ。
より引用
アメリカに留学していた頃、世界には多種多様な人間が多く存在することを身をもって実感しました。
バスに乗る際、車椅子の方が日本に比べアメリカでは多く利用していました。その際に運転手の方や近くに座っていた方が譲り合ったり助け合ったりしている光景を何度か目にし、人の温かさを感じました。みんなが多様性を受け入れているからこそ、いろんな人種の方々が生活しやすいのだなと思いました。
日本ではユニバーサルデザインが普及し、様々な人が使いやすく生活しやすい環境が整えられていますが、本当に困っている人の目線に立つとまだまだなところが実は多い気もします。
今後、車椅子だけでなく一味違ったミスコンが現れて、世界中の人々のイメージやまだ知られていない事実を知ってもらいうよいきっかけになって欲しいと心から思います。
この記事を読んでくださった皆様も、ぜひ家族や友人の方にお話してみてください♪
今日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊✨
皆様が明日も素敵な一日が送れますように…✨
柳  愛世(やなぎ  まなよ)

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。