muj-saitama-editer
ミスユニバース埼玉事務局

【The Challenge】菊地美早紀 (後編)

美と健康に関するブログで支持を集め、活躍が注目されている菊地美早紀さん。

そんな彼女に迫るインタビュー企画[後編]では、11/21決勝大会に向けた取り組み、そしてグランプリへの思いについて伺いました。

[菊地美早紀さん:前編インタビュー]

 

 

浦和東高時代に培ったこと

 

!cid_1D4C7EEA-3D5D-49AC-94E5-2F25023E1A96

(右から4番目が菊地さん)

 

・さて、埼玉大会ではダンス審査がありますが、菊地さんは浦和東高校時代にソングリーダー(バトン部)をされていたのですよね?

 

―はい。ソングリーダーの競技は部門で分かれているのですが、そのスモール部門*で1位でした。

 

*2009年全国高等学校ダンスドリル選手権大会- POMスモール編成部門優勝

 

・浦和東はスポーツが盛んですよね。バトン部も強豪なのですか?

 

―はい。毎年全国大会に行っていると思います。キツかったですけど。

 

・キツかったですか?

 

―上下関係がキツかったです。

 

・じゃあ慣れているんですね、そういう世界って(笑)

 

―はい(笑) 先生にちょっと怒られたりとかで落ち込む、とかはないです。

 

・特にどんなことが辛かったですか?

 

-辛かったのは、休みがないっていうこと。

それと3分間、アクロバティックなダンスを入れながら踊るので体力的にもですね。

足を上げたり、床で回ったりして怪我をすることもあったので。

精神面はかなり鍛えられました。マナーや礼儀も。そういう面で大きな経験だったと思います。

 

!cid_19E18BC1-D424-4798-AB2E-DAC355C0BCC5

(最前列1番右が菊地さん)

 

・ソングリーダーに所属したきっかけは何ですか?

 

―私が入る前から、強い部だったので、「私も全国に出てみたいな」という思いと、華やかだったので、その中で私も踊りたいという思いからです。入ってみたら、想像以上にキツかったですけど。

でも、3年間やって結果もついてきたのでよかったです。

 

・忍耐やマナー、笑顔はミス・ユニバースで必須ですよね。経験を活かされているのですね。

 

―今思えば、そう思いますね。

 

!cid_4884CFF8-5E03-43EF-A74F-3A1BF794BAE8

(2段目右から2番目が菊地さん)

 

 

ミス・ユニバース埼玉代表を目指す中で

 

 13

 

・菊地さんの中で、ミス・ユニバースのイメージはどのようなものでしたか?

 

―「美の祭典」ということは、もちろん知っていました。

大会の映像とかは見ていたのでイメージ的には知っていたんですけど、スポンサーさんへの挨拶活動などもするということは知らなかったので、「こういうこともするんだ」と新鮮です。

そして、ミス・ユニバースって、県の代表になるので、「綺麗な人が多いのかな」とか、「芯がしっかりした女性が多いのかな」というイメージがあります。

 

24

 

 

14068160_1213788685355598_1893116469933898562_n

 

(写真上下 : はなぞのふるさと納涼夏まつり2016 にて)

 

13932957_1213789312022202_6832688249360223662_n

 

・大会に向けて取り組んでいることはありますか?

 

―私、地元が大宮の方なんですけど、インスタグラムやFacebookのフォロワーの方も増えてきたので、歩く姿勢や意識を持って、いつ、どこで見られてもいいように心がけています。

あとは候補生になってから、SNSを毎日更新しているんですけど、そういったところで自分を知ってもらえるように発信内容は意識しています。

 

29

 

・では、最後に埼玉代表に向けた意気込みをお願いします。

 

―埼玉代表となったら、フィットネスという分野で、例えば埼玉で大会を行うとか、「イベントをやるなら埼玉で」など認知度を高めつつ、スポーツ人口を広めていきたいです。

今の時点で埼玉のスポーツ人口がどのくらいか数字的には分からないですが、フィットネス関係のイベントを企画してそれを秩父や川越で開催したりなど県内各地で行いたいですね。そこから集客・観光客を集めて活性化していけたらなと思います。

 

14

 

 

12

(Instagram:kikki19922525より)

菊地さん、ありがとうございました。

グランプリを目指して、これからも頑張ってください!

 

IMG_8604

 

菊地美早紀 (きくち みさき)

1992年9月6日生まれ

169cm / 45kg

埼玉県さいたま市出身

浦和東‐日体大短大部

浦和東高時代はバトン部に所属し、1年時から活躍。2年時には全国高等学校ダンスドリル選手権大会- POMスモール編成部門優勝。その後、日体大短大部に進学。卒業後は整体師を経て、現在は加圧トレーナーとしてトレーニングメニューの作成・トレーニング指導を行っている。

公式プロフィール→菊地美早紀

Instagram→kikki19922525

Twitter→KikkiMisaki

 

編集協力
スタイルフリー(公式Webパートナー)
出演
菊地 美早紀
編成
細川 智寛
撮影
細川 智寛、渡部 まゆみ
取材
細川 智寛

埼玉大会ファイナリストを
イベントに呼びませんか?

企業のPR活動や宣伝販促活動をはじめ、各市町村・地域文化の活性化に貢献するべく、
ミス・ユニバース・ジャパン埼玉事務局では、ミス・ユニバース・ジャパン埼玉大会ファイナリストをキャスティング&ブッキングいたします。

ファッションショーやブライダルショー、テレビ・ラジオCM、ライブコンサートや学園祭・講演会など、様々なシーンで埼玉大会ファイナリストのキャスティングを行います。

ご相談・お見積りは無料。何でもお気軽にご相談ください。
ご予算・日程・目的などを確認させていただき、ご予算の範囲内で最適なキャストをご提案いたします。